ウイルス感染映画の金字塔・豪華俳優多数出演の『アウトブレイク』

2020年8月14日


映画酒場度数 ★★★★

すさまじい伝染力と死亡率を持つ未知の病原体の脅威と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・サスペンス。

ベストセラー・ノンフィクション『ホット・ゾーン』(飛鳥新社刊)でも扱われたエボラ出血熱の事件をモチーフに、科学的根拠に基づくリアルでスリリングな恐怖が展開する。

単純に面白い!

『パンデミック映画』では文句なしの映画ですす。出ている俳優さんも超豪華。

ダスティン・ホフマンにモーガン・フリーマンにケビン・スペーシーにジャック・バウアーのお父さんドナルド・サザーランド。他にも沢山の名俳優が出ています。

『パンデミック映画』は色々ありますが、大きく外す映画はありませんね。『潜水艦映画』に外れ無しと同様、『パンデミック映画』にも外れ無しです。

この映画は、ウァルフガング・ペターゼンが監督をしています。あの『ネバーエンディングストーリー』もこの監督です。

当初は、エボラ出血熱を扱ったノンフィクション本の映画化をリドリー・スコットが監督をする予定だったよう。

すったもんだがあった末に、オリジナル脚本で出来上がったのが、この『アウトブレイク』

アウトブレイクは非常にテンポ良く物語が展開していきます。冒頭、アフリカの小さな村で原因不明の病気が発生し、村は壊滅状態。

そこにアメリカ軍が飛行機で物資を投下するが、それは物資ではなく爆弾だった‥。冒頭のシーンから、一次感染、2次感染とパンデミックの怖さが描かれます。

何より1番恐ろしいのは『殺人ウィルス』ではなく、強大な権力をもった人間の暴走だという事。この映画はその部分も考えさせられます。